2011年06月20日

et son sextette/ステファン・グラッペリ

Et Son Sextette

et son sextette

ステファン・グラッペリ(vln)
マーリス・ベンダー(p)
ベノット・クアシン(b)
ジーン・ルイス・ビアレ(ds)


1955年録音

 ステファン・グラッペリを聴いていると、歳を取るのも悪くないんじゃないか、という気分になってくる。

 このアルバム、中古レコード屋で見つけたもので、フランス語らしいタイトルの発音もわからないのだけれど、録音は1955年、パリと書いてある。ぼくの持っているグラッペリじいさんのアルバムでは古い録音だ。後年の演奏を知っているので、ふっふっふ、若いなステファン、なんて気分になるけれど、ステファン1908年生まれで実は40代後半。押しも押されもせぬベテランで、そろそろゴールが見えてきても不思議はない年齢だ。
 だが当時のステファン・グラッペリに道の果てが見えていたとは思えない。その音楽は進化を続け、どこかで魔法めいたものに変わる。ステファン・グラッペリがいなくなったいま、ステファン・グラッペリみたいに弾けるひとはいない。そういう音楽は、誰がが予測したり、目標にしたりできるものではない。
 たとえ本人であったとしても、だ。

 ふと何かで立ち止まった拍子に、道の果てが見えたような気がしたときは、ステファン・グラッペリを聴くとよい。

2011年06月18日

ブルー・トレイン/ギド・マヌサルディ

Blue Train

Blue Train

ギド・マヌサルディ(p)
スチュア・ノルディン(b)
アルバート・ヒース(ds)

1967年録音

 演奏はもちろん、名前も知らない人のアルバムを買うのはそれなりに冒険だが、こういうアルバムが最新のヒットチャートに乗っかって、PVがYouTubeで配信される可能性はあまりない。とすればいちかばちか買って聴いてみるしかないが、考えてみれば宝くじなんか連番で10枚買っても確実にもとが取れるのは1枚だけで、あとは期待値は限りなくゼロに近い。それに比べりゃ、気に入らなくても少なくとも音は確実に出るんだから投資としちゃよほど堅実。
 とは思っているが、やっぱり音が出るだけじゃ淋しい。だからあたったときの喜びはまたひとしおだ。

 何が飛び出してくるかわからないおもちゃ箱のように賑やかなピアノだ。音楽的な仕掛けと引き出しがいっぱいあって、開けるたびに違うものが飛び出してくるものだから(中にはなんだかわからないものも混ざっているが)、ひとつひとつ開いてはびっくりしているうちに一日が終わってしまう、そんな楽しさがある。ライナーノーツによると、イタリアの人だそうだが、ヨーロッパを股にかけてあっちこっちで暮らしたそうだ。この引き出しの多さはそのせいなのかもしれない。
posted by kiwi at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ

2011年06月18日

ファンタジア/ケニー・ドリュー

ファンタジア
Fantasia

ケニー・ドリュー(p)
ニールス・ペデルセン(b)
エド・シグペン(ds)

1983年録音


 ケニー・ドリューにはジャケットが柔らかタッチの水彩画になっている女性向けらしいアルバムのシリーズがあるが、とりわけこれはおっさんには買いづらい。でも中古ジャズレコード屋のあの雰囲気の中で、がんばって買ってよかった。それだけの価値はある。
 ニールス・ヘニング・エルステット・ペデルセンのベースって、時々別の楽器なんじゃないかと思うことがあるな。

 あちこち読むと、アメリカであまり売れず、ヨーロッパに避難してたケニー・ドリューを復活させたのはヨーロッパのレコード会社で、繊細で華やかな一面に目をつけて女性向けに売りだしたのは日本のレコード会社らしい。慧眼だ。盟友ニールス・ペデルセンとの出逢いもヨーロッパだったのだろう。
 アメリカ時代のケニー・ドリューと聴き比べるとしみじみ思う。

 人生いろいろ。
posted by kiwi at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ

2011年06月15日

枯葉/キャノンボール・アダレイ

枯葉(グレイト・ラヴ・テーマ)

Great Love Themes

キャノンボール・アダレイ(as)
ナット・アダレイ(tp)
ジョー・ザヴィヌル(p)
ハービー・ルイス(b)
ロイ・マッカーディ(ds)


1966年録音

 ウィズ・ストリングスが好きだ。パーカーやクリフォード・ブラウンはもちろん、アート・ペッパー、ウェス・モンゴメリー、ミルト・ジャクソン、ビル・エバンスなんかも好きなウィズ・ストリングス盤があって、頻繁に聴く。甘いのも好きだが、それ以上に「ウィズ・ストリングスなんだから面倒なこと言わずにまあ気楽にやろうや」みたいな開き直りが好きなのだ(本人がどう思っているのかはともかく)。その結果、この人こんな演奏もするんだ、みたいな発見があって楽しい。ふだん強面のおっさんが、ペットの柴犬と遊んでいると目尻下がりっぱで可愛い、みたいなもんかもしれない。

 キャノンボール・アダレイは「サムシング・エルス」とか「マーシー・マーシー・マーシー」の印象が強く、ぼくの中では強面おやじだったんで、ウィズ・ストリングスはちょっと意外だった。けれど、印象が変わったかというとそうでもない。
 ストリングスがぎょうさん過ぎてうるさいけど、キャノンボールおやじが負けず劣らずたっぷりとうるさいので、甘々なコンセプトに似合わず、がっぷり四つのパワープレイ、みたいになっちゃってる。でもそれがきっとおやじの身上なんだろう。ジョー・ザヴィヌルのきらきらピアノも面白いし、ひとりだけ訥々とついてくる弟くんナット・アダレイの引き具合も楽しい。途中で切れちゃうのも楽しい。なんだかバランスめちゃくちゃだけど、そのめちゃくちゃ具合が楽しい変なアルバムである。
posted by kiwi at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | サックス

2011年06月05日

ザ・エディ・コスタ〜ヴィニー・バーク・トリオ

ザ・エディ・コスタ~ヴィニー・バーク・トリオ
eddie costa winnie burke trio

エディ・コスタ(p)
ヴィニー・バーク(b)
ニック・スタビュラス(ds)

1956年録音

 ディスクユニオンで平積みされているCDをぼんやり眺めていたら、エディ・コスタの知らないアルバムを2枚見つけた。1枚は本作。もう1枚は「エディ・コスタ・メモリアル・アルバム」。迷わず両方買ったが、「メモリアル・アルバム」は早世したエディ・コスタを偲んで開催された追悼コンサートのライブだった。つまり本人出てない。

 代わりに、ということもないが、本作のほうはトリオでたっぷり弾いてる(もちろん当人が)。ぼくはトリオのアルバムは「ハウス・オブ・ブルーライツ」しかないと思い込んでいたので、これは嬉しかった。ヴァイブもちょっとやってくれる。

 いつもながら遠雷みたいな不思議なピアノだ。だが、低音をいっぱい使えば誰でもエディ・コスタになれるわけではない。この不思議なスタイルの向こう側に、エディ・コスタという音楽家の芯があって、それは個性的な見かけによらず、柔らかく、普通で、暖かい。だからこそこの人は、何枚かの優れたアルバムで、この人でなくちゃ、という名脇役として記憶されることになったのだ。

 かっこいい。
posted by kiwi at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ

2011年06月05日

ステアケイス/キース・ジャレット


Staircase

キース・ジャレット(p)

1976年録音

 年に何度か訪れる宿がある。北海道の荒野にぽつんと建つ釣り師の集まる宿だ。ぼくはここを訪れて旨い飯を食ったり、友達になった常連たちと釣りに行くのを楽しみにしていたが、脱サラしてここをはじめた二人の相棒のひとりが、親御さんの介護のために実家に帰ることになった。最後の週末、何人かの常連が彼を送るために宿に集まったが、話は釣りのことばっかり。いつもと何も変わらない楽しい夜だった。

 そういえば彼はジャズを聴くひとで、キース・ジャレットが好きだと言っていたっけ。でもジャズの話はほとんどしなかった。どのアルバムが好きかも知らない。話したのはフライのこと、川のこと、魚のこと(特にサイズ)。そしてとりとめないバカ話。ビールとチーズとポテトチップ。大笑い。
 それでいいのだ、と思う。

 彼が帰った実家は都会にあって、川は遠い。次にいつ会えるかわらかない。会えたとしても「生と死の幻想は・・・」なんて話はしないんだろうな、という気がする。
 たぶん、にやっとして言うのだ。
 
 「釣れました?」
posted by kiwi at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ