2011年09月04日

ルグラン・ジャズ/ミシェル・ルグラン

ルグラン・ジャズ +3
Legrand Jazz


マイルス・デイビス(tp)
ジョン・コルトレーン(ts)
ビル・エバンス(p)


1958年録音

 こういう具合にあちこちに才能をがっぽがっぽと大盤振る舞いしても、ぜんぜんなくならない、というのはどういう気分なんだろうと思うことがある。なんかこの人のセンスは、長年の修行と艱難辛苦を経て身につけたもの、という感じがしない。もっと自然に、息をするように、空気の中からどんどん音楽を取り出してしまうんじゃないか。それが正しいかどうかはわからないが、世の中にはそういう人がいるんだ、と信じていたい気がするのだ。ソロモン王は動物と話ができたんだ、と信じるみたいに。

 「東京JAZZ 2011」で見たミシェル・ルグランは御年79歳。ボリュームたっぷりのカウント・ベイシー、血管切れそうな熱演の寺井尚子の後にピアノトリオで出てきて、正直大丈夫かなとも思ったが、なんか大丈夫とか大丈夫じゃないとかいうレベルの話ではないのだった。ミシェル・ルグランは確かに空気から音楽を取り出す魔法使いであり、それがジャズなのかどうかとか、さすがに弾き語りはないんじゃないかとか、そういうことはわりとどうでもいいんだと思った。眉毛は切ったほうがいいと思ったけど。

 アンコールの「シェルブールの雨傘」はどんどんリズムを変えてみせるパフォーマンス付き。とにかくなんかやらずにいられない「才人」ミシェル・ルグランは健在で、ぼくはちょっと嬉しくなったのだった。
posted by kiwi at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビックバンド