2014年06月02日

ベイシー&ズート

Basie & ZootBasie & Zoot

カウント・ベイシー(p)
ズート・シムス(ts)
ジョン・ハード(b)
ルイ・ベルソン(ds)

1975年録音

ヘトヘトに疲れて帰って来て、こわばったワイシャツを脱ぎ捨て、熱い風呂に肩まで浸かった時に思わず、

うーあー

という声が出てしまうことがあるけれど、ああいう感じのアルバム。

ケレンも見栄もこだわりもなく(たぶん)、よーしやるかー、とジャズをやっているだけなんだけれど、これ以上何がいるのだ。思わず指が動き、足が動く。スタジオ録音のはずなんだが、ライブを聞いている気分になる。

「ジャズってどんなの?」と訊かれたときに、例えばこういうの、と聴かせたい一枚。Amazonで見たら893円って書いてあるんだけど、いったいどうしろと?

posted by kiwi at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック