2014年08月31日

8:30/ウェザー・リポート

8:30
8:30

ジョー・ザヴィヌル(kb)
ウェイン・ショーター(ts)
ジャコ・パストリアス(b)
ピーター・アースキン(ds)

1978年録音


聴き出すと、途中で止まらなくなる不思議アルバム。ぼくは車の中で聴いていて、終わる前に目的地についてしまったので、そのまま停めた車の中で最後まで聴いていたことがある。そのくせ4人のメンバーがやりたい放題だし、誰かがどこか行っちゃったら誰が連れて帰ってくるのか聴いている方が不安だし、誰がセンターなのか見当がつかないし、ライブとスタジオ録音を脈絡なく組み合わせた変なアルバムだし、どう考えたらいいのか未だによくわからない。ひょっとしたら誰も計算していないのに、たまたまハマったのだろうか? 
だとしたら、それもまた音楽の奇跡の一種なのだろう。

いまふと思ったのだが、ひょっとしたら「誰も計算していないのにたまたまハマっちゃった」のをジャズの用語で「アドリブ」って呼ぶんじゃないだろうか。


posted by kiwi at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンボ・グループ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック